あなただけの「音作り」を「木のプロ」がお手伝い 

カホンキット 想-OMOI- 両打面タイプ

こちらの商品は裏表、両面が打面になります。

備考欄に、お好きな樹種の打面を2枚ご記入くださいませ。

杉・ひのき・チーク・バーチ・ブビンガ・ゼブラウッド・シナ共芯



■ 両方とも打面のカホンを。

1台で二台分の楽しさ!
ワイヤーとスナッピー両打面のカホンキットです。
サウンドホールは側面に空いています。
もちろん、あなたの「想い」どおりの音のカホンを作ることができます。



■ 厚みのある低音が出ます!

一般的なホームセンターなどで扱っている素材で自作すると
なんだか、低音がイマイチな感じがする・・・そう思われる方もいます。
このキットは『シナ共芯合板』というカホンに適した
特殊な合板を使用している為、厚みのある低音が出ます。



■ 良い楽器は素材から!!

ギターやバイオリンなどと同じように、素材によって音の良し悪しが変わります。
「はじめてのカホンキット」の合板は5枚のラワンと表面に薄いシナ材を貼り付けてあるのに対し、こちらは9枚のシナ単板が15㎜の厚さに凝縮されています。
カホンの側面を叩いただけでその違いは明らかです。


■ 7種類から選べる打面!

響き弦はワイヤータイプ、スナッピータイプの2種類
スナッピー側はロックやポップスを叩かれる方に向いており、
ワイヤー側はアコースティック系を叩かれる方に向いております。

打面は7種類の中から2枚お選びいただけます。


柔らかい印象の温かみのある音
杉 ヒノキ

市販品によくある音
チーク バーチ シナ共芯

固い印象のパリっとした音
ゼブラウッド ブビンガ

とはいえ、それぞれどう違うのか分からないと思うので
こちらに比較動画をご用意いたしました。
打面、響き弦の参考にどうぞ。
https://youtu.be/4t17b5e6uDQ



■ +ドライバーだけで約3時間で完成!

組立工具付きで、工作が苦手な方でも約3時間でオリジナルカホンが完成します!一般的なカホンキットやホームセンターで材料調達をして作成をする場合のように特殊な工具を買い足す必要はありません。
(さらなるカスタムには工具が必要になる場合があります。)


■ 自分で作れる両打面カホン

「ワイヤータイプ、スナッピータイプ・・・どちらがいいのか分からない!」

「どちらも試してみたい」「人とは違う自分だけのカホンが欲しい」

そんなあなたにピッタリのカホンキットです。

個性的なあなただけのカホン、自分で作ってみませんか?



カホンキット想で作られたカホンは
プロのパーカッショニストの方、ドラマーの方にも実際にライブで使っていただいています。
あなたも、ワンランク上の自作カホンであなただけの想いどおりの音を出してみませんか?

出来上がるカホンのサイズ

高さ470㎜(足込み)× 幅 300㎜ × 奥行 約300㎜

標準サイズです。
………………………………………………………………………

セット内容 

こちらはスナッピー、ワイヤーの両面が打面になるタイプです。


・シナ共芯合板 天板用(小)  2枚
・シナ共芯合板 側板用(大)  1枚
・シナ共芯合板 側板用(大)穴アリ 1枚
・シナ共芯合板 背面用穴開き 1枚
・お選びいただいた樹種の打面 1枚
・平タッピングねじ (小)23本
・トラスタッピングねじ(小) 11本
・ゴム足 白 4セット

・紙やすり(240・400) 各1枚
・木工用ボンド 1個 
・ミニ 四ツ目きり 1本
・ミニ さしがね 1本


・木ねじ (大) 4本
・半スナッピー 2枚
・棒材 1本
・凹材 2個
・ゴムと輪っかのセット 1個
・フック 1個
・ヒートン 1個
・木ねじ (大) 11本
・棒材(薄) 2本
・棒材(厚) 1本
・ワイヤー 4本
・ターンバックル 4個
・マジックテープ 1枚

(完成後の加工には工具が必要な場合があります。写真の状態はキット完成後、カンナで仕上げてあります。)

………………………………………………………………………


■ カホンキット想をお買い上げ頂いたお客様の声

「結構、よい! スナッピーの当て方で音の表情が変わる事を自作キットを購入することによって体感できた。」

「 叩いてみて、ビックリ。とてもいい音がしました。
  ホールのバンド練習で仲間が「そこだけプロがいるみたい」と、音を褒めてもらいました。」

「想像以上の音が出て驚きました。
打楽器はビギナーですが、上手く叩けるようになったら、是非、ギターとあわせたいです。」

「思ったよりもよくできた。
音の感触や木の感触も気に入ったので今後も使っていきたいと思う。」

「 楽器を自分で組み立てる過程がめちゃくちゃ楽しく、童心に戻りました。 完成してからの打面の調整や、スナッピーのあて方や、あてる強さで音色が変わるので奥深さを感じました。
とても良いキットで大満足しています。」

「組み立て説明が 分かりやすかったです。  
木が真っ直ぐで厚みもあるので、ボンドの作業が 非常に楽でした。  
スナッピーの取り付け 角度に苦労して3回やり直しましたが、 手触りが柔らかく、響きのある低音も出るので気に入っています。  
リビングに置いても色合いがきれいなので違和感がありません。 子供もよく叩いています。」



■ お問合せフォームから良くあるお問い合わせをまとめました!


Q、工作が苦手なのですが、本当に作るのに失敗しないのでしょうか? 

A、今まで500台以上の販売実績がありますが、作成に失敗したというご意見はありません。

使う工具はプラスドライバーだけなので、工作自体はホームセンターのカラーボックスを組み立てるような感覚だと思っていただければと思います。




Q、組み立てにあたって、具体的にどんな工具が必要ですか?

A、ご家庭にある、ドライバーセットをご用意くださいませ。
使うのは+ドライバーの中(2番)と小(1番)の2本だけです。



Q、選べる打面が多すぎて何がいいのかわからないのですが…

A、最初の1台目としてオススメしているのは「チーク」か「バーチ」です。

なぜなら、素組みでも硬すぎる、柔らかすぎるというクセが無いからです。

そこからもう少し硬い感じの音にしたければ、ウレタン系、シリコン系の塗装をすることで硬くすることができますし、そのままの音が良ければアクリル系の木工用のニスをご利用いただければと思います。


打面に関しては、後から別の樹種を買い足すことも出来ますので、迷ったら「チーク」か「バーチ」をオススメします。


もちろん、最初から「温かみのある音が欲しい」とお思いであれば柔らかい「杉」や「ヒノキ」を。
パリッとした音が欲しいようであれば「ブビンガ」や「ゼブラ」をお選びいただければと思います。



Q、スナッピータイプとワイヤータイプ、どちらが売れてますか?

A、正直、ほぼ半々といったところです。

若干スナッピータイプの方が多いかもしれません。演奏される音楽のジャンルと好みの問題ですね。
ポップスやロック、ピアノジャックさんが好きな方はスナッピータイプをお選びいただくことが多いようです。ジャンジャンしたバズ音が嫌いという理由でワイヤータイプをお選びいただく方もいらっしゃいます。



Q、作成の難易度について。スナッピータイプとワイヤータイプどちらが難しいですか?

A、どちらも同じぐらいです。

スナッピータイプは自分の好みのバズ音を探す細かい調整がありますが、ワイヤータイプはそれが無いのでその分、素組だとワイヤーの方が楽かもしれません。



Q、送料無料とシェイカーのプレゼントキャンペーンはいつまでやっていますか?

A、プレゼント用のシェイカーキットが無くなり次第、終了予定です。



Q、Amazonや楽天では買えないのでしょうか?

A、申し訳ございませんが、この価格を維持するためAmazonと楽天での取り扱いはございません。




Q、割引販売やセールはしないのですか?

A、はい。基本的に割引やセールの予定はございません。
高品質な素材を使っているため、原材料費が高騰した場合は逆に値上げをさせていただく事もございます。

例外として、あなたのまわりにカホンキット想をお買い上げいただいた方がいらっしゃる場合、紹介のキャンペーンを行っています。

ご購入者だけにメールでご案内させていただいているので、もしお近くにカホンキット想のカホンを使っている方がいらっしゃるようであればメールをご確認いただけると幸いです。

¥ 20,800

※この商品は最短で11月17日(土)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便100

    全国一律 1,400円

※14,500円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

RELATED ITEMS

  • Home
  • About
  • Blog